捏ねない!アップルシナモンパン

捏ねない!アップルシナモンパン

週末にパンを焼いて、平日の朝食としているのですが、
今回は思い立ってアップルシナモンパンを焼いてみました!
といっても市販のアップルシナモンジャムを混ぜただけの
簡単レシピです(*´艸`*)
焼き上がりはとってもいいにおいでしあわせ〜〜〜
しかもちょっと底がカリカリしてクイニーアマンのようになってました!

シナモンの香りには集中力をあげる効果もあり
朝食にもぴったり(*´ω`*)

アップルシナモンパン

—————–レシピはこちら—————-
【材料】(直径8cmくらいのリング型6個分)
★豆乳 140cc
★バター 25g
◯塩 3g
◯蜂蜜 20g
●イースト 5g
■アップルシナモンジャム 大さじ3
◎強力粉 220g

【作り方】
1 ★豆乳とバターを600Wレンジで50秒温めます。
  バターが溶けてなくても豆乳が温まっていれば豆乳の中でバターぐるぐる混ぜて溶かして下さい

2 1に◯塩、蜂蜜をよく混ぜる。

3 ●イーストを2にふりかける。1分位待つ。
  その後よく混ぜる

4 ■アップルシナモンジャムをよく混ぜる

5 ◎強力粉70gをよく混ぜる。ドロドロになってOK!

6 ◎強力粉150gを菜箸でぐるぐると10回くらい混ぜる。
  粉っぽさが残る程度に!

7 6のボウルにラップをかけて200Wのレンジで50秒

8 ラップの上に濡らしたキッチンペーパーを置いて暖かい場所で10分放置

9 生地が2倍に膨らんだら打ち粉をして上から優しく抑えて空気を抜きます。

10 打ち粉をたっぷり敷いたバット等の上に生地を出して、6等分にして成形する。

11 クッキングシートを敷いた天板に並べてラップをして
  200Wで50秒チン

12 ラップの上から濡れたキッチンペーパーを置いて暖かい場所で10分〜20分放置

13 発酵終わり5分前になったらオーブン200度に予熱開始。

14 生地が約2倍に膨らんだら200度のオーブンで15分

15 焼き色がつかなかればそのまま220度に温度を上げて10分

16 完成!

【ポイント】
水分が多いためベタベタしますが、しっかり打ち粉を振れば大丈夫ですb
冷凍保存して、食べる時はレンジ600wで40秒〜で美味しく頂けます。

※使用しているオーブンは一人暮らし用の小さい電気オーブンです。
 立派な奴だと180度でも十分です。
※200Wでチンする時に、生地そのものが冷たければ600Wで30秒とかでも大丈夫なので
 生地をほんのり暖かい状態にしてから、発酵させてください。
※私は冬場はホットカーペットの上に置いて発酵させています。
 こたつの中でも大丈夫ですが、過発酵にならないようにご注意下さい!

スポンサーリンク

捏ねないパンカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。